FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春めいてきました。

こんにちは(#^.^#)ようやく暖かくなってきました。花粉がつらいですが、日差しがやわらかいのはいいですね。

今日は江古田で練習でした。日曜の練習はワクワクし、練習がおわると声を出したからかスッキリします♪

今日はSamuel Barber作曲のAgnus Deiの音とりをがんばりました。
昔の作曲家は宗教音楽において、高い音で天を、低い音で地をあらわすことがあったそうです。
高音から低音に降りてくるときは天使や神の光などが舞い降りてくるさまを表現している…たとえばそんな感じだそうです。

そうなると、一番高い音で一番美しい声が出るようにがんばらないと(>_<)!と気が引き締まります。

音域や音色で天と地とを表現するのは日本の伝統音楽にも共通するところがあって、
たとえば雅楽では、笙(しょう)、龍笛(りゅうてき)と篳篥(ひちりき)という楽器を使いますが、笙は天(から差し込む光)、龍笛は天と地の間を泳ぐ龍の声、篳篥は地(にある人の声)をそれぞれ表すといわれています。
篳篥は笙や龍笛より音域が狭いけれど音量が大きいようで、なるほど人間は天や龍と対比するとスケールは小さいけれど現実的な強さとか、ガヤガヤした群衆感があるもの、と腑に落ちました。

引き続き練習頑張りましょう♪

次回の練習は
3/22(金)19:00~@飯田橋 富士見みらい館軽音楽スタジオBです。
それ以降は
4/ 5(金)19:00~
4/19(金)19:00~
4/29(月祝)13:00~(場所はこれから決定)です。
詳細を知りたい方、見学希望の方は
e.otonoha@gmail.com
までご連絡ください♪
スポンサーサイト
プロフィール

Ensemble音の葉

Author:Ensemble音の葉
2008年に行われた「久石譲in武道館~宮崎アニメと共に歩んだ25年間~」コンサートの公募コーラス隊を契機に、指揮者木場義則のもと結成された混声のアマチュアコーラスグループ。主に千代田区・品川区・目黒区で活動しています。年齢・経験・男女を問わず一緒に歌って下さる方を募集中です。お気軽に練習見学にいらしてください!
 e.otonoha@gmail.com

最新記事
Twitter
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。