FC2ブログ

日本ジャズボーカリスト協会 ワークショップに参加しました!

いよいよ毎日寒くなってまいりました。皆様体調など崩されていませんか?
季節の変わり目はとくに心身の休養の時間をしっかりとりたいものですね。

さて、去る10/6(土)、10/8(月)に、我が団は
日本ジャズボーカリスト協会主催の
ミシェルウィアー先生によるワークショップ
に参加してきました!

6日は、100名にものぼる参加者(ジャズのプロシンガーから、初心者まで様々な人)が一緒にミシェル先生の指導のもと、三曲を完成させました。
ピアノとコントラバスの伴奏つきで、ムーディーな雰囲気に包まれて終始楽しく学ぶことができました!
曲目は、アップテンポなリズムが楽しい
■"He beeped when he soulda bopped"
♪作曲者Dizzy Gillespie(ディジーガレスピー、1917-1993年)は、こんな人!
アフリカ系アメリカ人のジャズミュージシャンで、トランペッター。キューバ音楽を愛した。アルトサックス奏者のチャーリー・パーカーと共に、ビバップジャズの祖といわれジャズの歴史に名を残す。
ガレスピーらの革新によってジャズはダンス用から観賞用になったとも評されている。また、ガレスピーはエンターテイメント性にも優れ、茶目っ気あるステージで観客の人気者だった。高度な演奏力からか、ステージ上のおどけたお茶目な姿からか、愛称"Dizzy(クラクラする)"と呼ばれた。

また、今度は夕暮れのようにゆったりと美しい
■"Peace"
♪作曲者Horace Silver(ホレスシルバー、1928-2014年)はこんな人!
アメリカのジャズピアニストでファンキージャズの祖。ファンキージャズとはソウルジャズともいわれ、ビバップジャズよりもゴスペル的ブルース要素が強い。
ホレスシルバーはゴスペル音楽、アフリカ音楽、ラテン音楽の影響を受けている。

最後に、ミシェル先生が編曲された
■翼をください
天女の羽衣のように美しく優しく繊細で、広がり豊かな音楽でした♪

ミシェル先生はブロンドの髪が美しく、やわらかい微笑みと癒しのオーラをまとった素敵な先生でした。多少失敗しても"good👍"とほめてくれるので、歌うのが嬉しくなってしまいます◎
皆気づけば力みのとれた穏やかな表情になっているようでした。

8日(月)は、三組の合唱団のうたうジャズをミシェル先生が指導してくれ、それを他団体にも公開してもらえる講座でした。各団体の良い持ち味と課題を瞬時に見抜き、ポイント指導をしてもらうなかでどんどん音が変わっていくのが楽しく、実りの多い時間でした。

ミシェル先生の素敵な笑顔は下の写真にあります。
ジャズ分野でもっとうまくなりたい!興味がある!という方は、
ぜひ日本ジャズボーカリスト協会ホームページも見てみてくださいね♪

★日本ジャズボーカリスト協会
http://jazzvocalist.jp

(以下抜粋)
このウェブサイトでは、世界で活躍するジャズ教育者のワークショップや日々の練習に役立つさまざまな情報を提供し、ジャズボーカリストの「上手くなりたい!」を応援します。
20181018155425c89.jpg

2018101815551869e.jpg

20181018155550efc.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

Ensemble音の葉

Author:Ensemble音の葉
2008年に行われた「久石譲in武道館~宮崎アニメと共に歩んだ25年間~」コンサートの公募コーラス隊を契機に、指揮者木場義則のもと結成された混声のアマチュアコーラスグループ。主に千代田区・品川区・目黒区で活動しています。年齢・経験・男女を問わず一緒に歌って下さる方を募集中です。お気軽に練習見学にいらしてください!
 e.otonoha@gmail.com

最新記事
Twitter
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示